そもそも格安航空会社とは?格安航空券の特徴

空と水平線

格安航空券を出す航空会社の特徴とは

旅行や出張で飛行機を利用する機会も多いものです。そんな飛行機ですが今や格安航空券を使って乗ることも当たり前となりました。
最初、格安航空会社が登場したときには、ニュースにもなりました。次々と参入もあり、今では格安航空会社の競争も激しくなっております。

格安航空会社の対比する会社とは?

そもそも格安航空会社と聞くけれども、どんな会社なのでしょうか。また、それに対比する会社とはどんな会社なのでしょうか。

まず、皆さんが馴染みの深い大手のJALやANAですが、レガシーキャリアと呼ばれます。これはサービスをフルに用意しているということです。フルといってもと思うってかもしれませんが、格安航空会社で有料サービスとなっているものがわかれば、より違いもみえてくるでしょう。航空チケットにかかる料金を除けば、それ以外では料金がかからないところが実は大きな特徴であったのです。また、快適性を追求していたところもサービスであったのです。

格安航空会社は、有料となることが多い

重量オーバー
大手のJALやANAで無料で当たり前に受けられていたサービスが実は、格安航空会社だと有料となってしまうのが特徴と言えます。

たとえば、荷物の預けるときにも一定の重量や個数を越すと、それ以降のものは追加料金が発生します。
さらに座席の指定に関しても、有料となってしまいます。子供連れの旅行などではどうしても席を隣にしたいときには、お金がかかることとなります。
次に機内食があります。飲み物もJALやANAの国内線では出ていますが、格安航空会社となると有料で注文しないと出てこないのです。しかし、格安を謳う航空会社の中でもエアドゥやスターフライヤーだと飲み物が提供されるようです。
最後に機内で映画など見る場合にも、料金がかかったりするのです。

また有料とは別ですが、快適性や安全性についても大手のJALやANAとは大きく異なります。
たとえば、座席です。格安航空会社の場合には1度に運ぶ人数を増やそうとしているために座席間が狭くなっています。そのために大人の男性だと狭く感じやすいです。足を組むのも無理なことが多くなります。女性でも隣や前と近いなと感じることでしょう。
あと空港によっては第2ターミナルなど場所が遠かったり、慣れていないと搭乗口やカウンターやチェックイン機が探しにくいなんてこともあります。

違いを押さえてから格安航空会社は利用すること

格安航空券で安いからと安易に格安航空会社を選ぶと実は、その他で料金がかかって予想外に高くなったなんてことにもなりがちです。また乗ってみて、快適ではなかったなんてこともあります。

きちんと大手航空会社と格安航空会社の違いも知ってから、利用するようにしましょう。