格安航空券で安全に飛行機に乗れるのか

空と水平線

格安航空券で安全に飛行機に乗れるのか

飛行場に行くと、格安航空会社の飛行機をよく目にするようになりました。東京や関西や福岡や沖縄に行くと、これまで目にしなかったような格安航空会社の飛行機をみるかもしれません。
これも格安航空券で、飛行機に乗れるようになったからこそと言えます。
しかし、格安航空会社の飛行機の安全性にふと不安を感じませんか。

格安航空会社が遅延が多い

格安航空券で、安くて旅行や出張ができるのは嬉しいものです。これで、旅行する機会が増えたなんて人も多いでしょう。

しかし、格安航空会社を利用してときにしばしば体験するのが遅延です。大手のJALやANAと比べても残念ながら、多くの格安航空会社の方が遅延が多いので気をつける事が必要です。
その原因も時には機材のチェックもあれば、同じ機体を使い回すために一度でも遅れるとそれが次の離発着に影響してということになります。
安いのはありがたいですが、時間を守らないといけないときには、不安が出てきやすいと言えます。

そんな遅延があっても安全性では

安心・安全表記
遅延が多いということで、安全性にも及んで心配になるなんてこともあるかもしれません。
もともと飛行機の事故の確率は、交通事故よりも低いなんて意見もあります。確かにトラブルは聞いても、飛行機墜落の事故はここ何年は聞いていないでしょう。それは大手のJALやANAだけでなく、各格安航空会社でも同様です。

格安航空会社では、会社設立時や運行開始前に新しい機体を購入しています。どこからかの中古というわけではありません。ですので、もともと事故が起こりにくいと言えます。さらに同じ機体を何台も使うことで、それにより部品の調達やメンテナンスでより効果をあげているのです。種類が少なければ、それだけしっかりメンテナンスするようにもなり、また早くできるようになるので、安心してよいのです。

なお、パイロットについても大手のJALやANAで退職した人などを採用するなどして経験を積んでいる人が多いのです。もちろん新人ということもあるでしょうが、即戦力の人材を揃えているので、パイロットの面の不安も不要です。

なお、乗り心地については座席間が狭いなどあり、特に男性の場合にいまいちと言われていますが、格安航空会社の飛行機だから揺れがひどいということはありません。

意外と欠航率は低い格安航空会社

そして、 欠航については格安航空会社は意外と低く、大手とそれほど差はありません。それだけ飛んでも大丈夫だからということになります。
遅延はあったとしても、安全性は高い言えます。ぜひ、格安航空券で旅行を楽しみましょう。