子どもをつれて格安航空券を利用したい

空と水平線

子どもをつれて格安航空券を利用したい

格安航空券といっても、大手のJALやANAが早割をして航空チケットを安くするものもあれば、格安航空会社の航空チケットもあります。
どちらにしても、正規料金より安いのは嬉しい限りです。こんな航空チケットですが、子どもをつれて利用できるのでしょうか。

大手のJALやANAだと安くできる

家族旅行
大手のJALやANAの場合だと、子ども割引があります。正規料金よりもグッと安くなり、半額となります。ただし、使える年齢には制限があり、3歳以上12歳未満となります。
なお、生後8日目から3歳未満の場合には無料となります。これは大人1人にたいして、子ども1人が無料となるのです。もしも子どもが2人いて、共に3歳未満であれば夫婦で乗れば子ども2人分は無料となるのです。

あと、座席についても子どもをつれる場合にはやはり隣にしたいでしょう。予約時や空港でのチェックイン時には座席指定ができます。もちろん無料でできます。
大手のJALやANAならば子どもをつれる場合でも、特に気にせずに乗ることができそうです。

格安航空会社の場合には要チェック

子どもをつれて、格安航空会社を利用するときには、要チェックです。というのも格安航空券では、もともとの正規料金は大手と比べてもかなり安くなっています。さらに早割も実施していて半額以下なんてことになっています。
そうした料金体系もあって、子ども向けの料金は用意しておりません。つまり、子どもも大人と同じ正規料金となるのです。
ただし、赤ちゃんでも料金というわけではなく、多くの格安航空会社では、2歳未満であれば無料となります。また、2歳未満でも中には正規料金とまでいかなくてもかかるところもあるようです。2歳未満の場合には格安航空券購入時によく確認をしておきましょう。

あと座席については、格安航空会社の場合には指定ができません。指定するときには別途料金がかかります。やはり小さなお子さんであれば料金を出しても指定した方が心配しなくてすみますし、他の人への配慮にもなります。大きいお子さんであれば、離れていても大丈夫でしょう。

荷物を預けるときには

大手のJALやANAだと、荷物を預けるのも無料となります。しかし、格安航空会社の場合には、指定の大きさや重さを越えると別料金が発生します。これらのことを踏まえると、子どもをつれると荷物も増えやすいので結構かかることになりそうです。

事前に大手のJALやANAでの料金と、格安航空会社の料金で比べてから選んだ方が良いでしょう。また目を離さないことや世話のことも考えて選ぶようにしましょう。安心できる旅を心がけましょう。