格安航空券を買うときは次のことに気をつけよう

空と水平線

格安航空券を買うときは次のことに気をつけよう

航空チケットも格安航空会社を利用したり、早割を利用すれば格安航空券となるのです。やっぱり少しでも安くしたいと思いませんか。
うまくいけば、旅行や出張で別のことにもお金をかけられます。ぜひ、次にあげることにも気をつけてみると、より安くすることができるかもしれません。

予約は早くから行うこと

やはり予約で、いかに早くから予約するかにかかっています。大手のJALやANAだと、特に2ヶ月前後の予約が効果的です。ANAだと早割75や早割55にするとかなり安くなります。なお、JALでも75日前や55日前もあります。
早割を利用すると万が一のキャンセルでも、ANAだと取り消し手数料が安くな、多く返ってくることとなります。なお、JALは一律同じなので、キャンセル時の返金額は早割には左右されません。

そして格安航空会社の場合でも、早割があるので、ぜひそれを利用するとさらに安くなっていくのです。

格安航空会社では時間帯に気をつける

例えば、飛行機の出発時間も航空会社にやってかなり変わります。特に格安航空会社の場合には深夜便や早朝便を用意しています。大手のJALやANAと比べても、格安航空会社のところがその日の一番早く現地に着くと言うものもあります。
とはいえ、必ずしも利用率が高いとは言えません。やはり空港までの移動や着いてからの移動でネックを感じるからです。ですので逆に深夜便や早朝便を利用すると、より安くできるのです。

あと格安航空会社で予約をする場合、平日に比べると土曜日、日曜日に多いと言われています。やはり平日は仕事など忙しい、またパートナーや家族と相談しながらともなるなどから、土曜日や日曜日が多くなりがちです。
実はそうした背景から、土曜日や日曜日よりも平日の方が予約の時の料金が安くなりやすいとも言われています。ですので、安く予約したいときには、平日がオススメなのです。

常に最新情報をチェック

白いスマートフォン
実はパソコンやスマホを使っていると、それぞれにキャッシュと呼ばれる機能があります。またスマホだと画面メモなんて機能もあります。こうしたもののために、いつの間にか最新の情報ではなく、以前の情報が最初に表示されるなんてことがあります。気がつかないうちにダイヤや料金が変わっていたなんてことにもなりかねません。パソコンやスマホでは常に最新の情報を画面に出すようにしましょう。
なお最新の情報も午後にみると、やはり午前よりも安くなることやキャンペーンなどが始まることもあるので、午後にチェックしましょう。

ここに挙げたことも意識しながら、格安航空券を買いましょう。